リニア中央新幹線ホームページ

リニア中央新幹線建設促進期成同盟会
トップページ

キッズサイトへ

リニアの仕組み


中央新幹線の走行方式として、整備計画において決定された超電導リニア(超電導磁気浮上方式)は、車両に搭載した超電導磁石と地上に取り付けられたコイルとの間の磁力によって、浮上して走行する輸送システムです。

2015年4月には、鉄道の世界最高速度となる時速603kmを記録。航空機並みのスピードで多くの乗客を一度に輸送できる新しい高速輸送システムが日本の技術から生み出されました。


超電導ってなに?

ある種の物質を一定温度以下としたとき、電気抵抗がゼロになる現象を超電導現象といいます。超電導状態となったコイル(超電導コイル)に一度電流を流すと、電気抵抗がないため電流はコイルの中を半永久的に流れ続け、強力な磁界を発生します。超電導リニアはこの超電導磁石を搭載し、ガイドウェイに取り付けられた地上コイルとの磁気相互力により、浮上して走行します。

ガイドウェイ断面図

どうやって進むの?(推進の原理)

地上の推進コイルに電流を流すことにより磁界(N極、S極)が発生し、車両の超電導磁石との間で、N極とS極の引き合う力と、N極どうし・S極どうしの反発する力により車両が前進します。 「進む」原理

なぜ浮くの?(浮上の原理)

車両の超電導磁石が高速で通過すると、地上の浮上・案内コイルに電流が流れて電磁石となり、車両を押し上げる力(反発力)と引き上げる力(吸引力)が発生し、浮上します。 「浮き上がる」原理

どうして壁にぶつからないの?(案内の原理)

左右の浮上・案内コイルは、電線により結ばれ、車両が中心からどちらか一方にずれると、車両の遠ざかった側に吸引力、近づいた側に反発力が働き、車両を常に中央に戻します。 「ぶつからない」原理

ページトップへ
Copyright (C) 2007 リニア中央新幹線建設促進期成同盟会 All Rights Reserved.