リニア中央新幹線ホームページ

リニア中央新幹線建設促進期成同盟会
トップページ

キッズサイトへ

山梨リニア実験線

山梨リニア実験線の概要

山梨リニア実験線では、超電導リニアの車両開発、複線・カーブ・勾配・トンネルなどの条件下における走行試験、電力供給装置や列車のコントロール装置、安全管理システムなどの開発が日本特有の起伏に富んだ地形、環境の中で行われています。
1997年から総延長42.8キロメートルのうち優先的に建設された先行区間18.4キロメートルで走行試験が行われ、2009年7月には国の「超電導磁気浮上式鉄道実用技術評価委員会」から「営業線に必要となる技術が網羅的、体系的に整備されたと判断できる」と評価されました。

山梨リニア実験線全線の完成

2011年に先行区間での走行試験を終了して、残る区間の延伸工事を進め、2013年8月に実験線全線が完成し、走行試験が再開されました。
これまで最大5両編成だった試験車両が最大12両編成の新型車両L0(エル・ゼロ)系となって、トップスピードでの長距離走行や長大トンネルの走り抜けなどの技術的テーマに対応するとともに、保守体系を確立させるなど、超電導リニアの実用化確認試験が行われています。  

ルート概要
ルート概要

山梨県立リニア見学センター

山梨県立リニア見学センターは、山梨リニア実験線の走行試験の開始に合わせて平成9年に開館した施設です。
 センターでは、山梨リニア実験線での走行試験の様子を見学したり、超電導リニアやリニア中央新幹線の概要を模型や各種展示物によって紹介しています。(走行試験の予定はリニア見学センターHPで確認してください。)
 なお、平成26年4月24日からは、新館(どきどきリニア館)がオープンし、世界最高速度581キロメートル/時を記録した試験車両(MLX01-2)の実物展示のほか、体験・学習機能が充実します。


山梨県立リニア見学センター
山梨県立リニア見学センター
山梨県立リニア見学センターホームページはこちら
 住所 : 〒402-0006 山梨県都留市小形山2381
 電話 : 0554-45-8121
 開館 : 午前9時〜午後5時(入館は午後4時30分まで)
 休館日: 毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は翌火曜日)、
祝日の翌日(祝日の翌日が金曜・土曜・日曜の場合は開館)、
年末年始(12月29日〜1月3日)
 入館料: 一般・大学生 420円、高校生 310円、中学生・小学生 200円
※団体割引あり
※わくわくやまなし館は無料
アクセスマップ
交通のご案内
電車の場合 電車の場合 
◇JR中央線大月駅下車 路線バス(リニア見学センター行)約15分
◇富士急行線田野倉(たのくら)駅下車 徒歩約25分
禾生(かせい)駅下車 徒歩約25分
車の場合 車の場合
中央自動車道大月インターチェンジ又は都留インターチェンジを出て約15分
※駐車場:大型バス、乗用車駐車可能
(大型バスでの来館は、事前にリニア見学センターへご連絡ください。)

ページトップへ
Copyright (C) 2007 リニア中央新幹線建設促進期成同盟会 All Rights Reserved.